初心者ゴルファーが投稿した記事一覧

初心者ゴルファーのための論理学

初心者ゴルファーのための論理学

  • 投稿者 : 初心者ゴルファー
投稿者:初心者ゴルファー
ドライバーのときにボールに右側を見る?超訳してみた

ドライバーでボール右側

 

よくドライバーを打つときにボールに右側を見ろって書いてあるのみたことありますか?

 

私もよくこのフレーズをみてもスルーしてました。

だって意味分からないから・・・。

 

そんな私でもようやく意味が分かりましたので報告いたします。

 

 

ドライバーは、ボールの右側を見ながら打て?

 

よく雑誌や先輩からもらうアドバイスの文言。

ほんと受け売りですよね、マニュアル好きな、そしてマスメディアに影響されやすい日本人だから仕方ないと思いながら、どういった意味なのか理解できますか?

 

実際にボールの右側を見るには、今のアドレスのポジションより右側に移動しなければいかないのか?

 

 

ドライバーを打つときの体の軸がポイント

 

これまでほかの上手な人のように上に上げながらまっすぐ飛ばしたい。

だから、いやだからこそやや上向きのいわゆるアッパーブローで腕を振っていませんか?

 

ここで思い出してください。

「スイング時の体重移動は右から左」

 

右足:左足=6:4

 

いや、これはどうでもいいです。

本当に雑誌に書いてあることは支離滅裂で、一つの雑誌の中でさえ矛盾することが書いてあるのに、ちょっと気になることがあると雑誌を買ってしまう。

 

これはもう不安を売り物にする思惑としかいいようがありません。

ちなみに資格商法も似たようなもので、少しでも不安をあおりながら売上げに変えていくという体質の商法。

 

分かっているけど買ってしまう。これが日本経済を支えている購買意欲なのでしょう。

 

話をもどしますと、体重の配分を6:4にするというのは忘れてください。

右側に体重を乗っけるということがぴったりかもしれません。

 

 

右側の股関節に乗るということ

 

当初こんな一文を見て違和感を感じました・・・。

そんな体の筋肉や骨の名前なんて知らない。

 

確かにゴルフだけでなくほかのスポーツでも体の部位の名称を急に言われても分からないという「あるある」の発生率が高いのはありますよね。

 

ここで、簡単に言いますと。

姿勢、体の体勢を一切変えずに

 

大事なことなのでもう一回言います。

姿勢、体の体勢を一切変えずに!、特に膝の向きを体の正面を向けたまま

 

重心を右足の上の付け根(股関節)を乗っけるということ。

 

この体重を、動かないまま右足の太ももの上のつけ根に乗せることを意識すると、

あら不思議!右側に体が流れていくことが防げるのです。

 

つまり、体の軸をずらさずに右側に体重移動できます。

この右側の重心移動で体を回転させるとボールに対してズレが起こりにくくなります。

 

イメージとしては、左肩はそのままで右側から振り返る感じです。

右肩を叩かれて、「何だよ?」って振り返ること。

 

ほんとその場で右側に振り返ることなんです。

 

 

右側のボールの側面を見ること

 

以上の動作をしていくと分かりますが、視線がボールの右側に移動してしまいます。

 

本当にこれらの動作で自動的にそうなってしまうのです。

 

ボールの右側を見ることでインパクト時に変わってくること

アッパーブローになってしまう。

 

そうです、右側の股関節に乗り右方向に振り返ることで言葉どおりのことができてしまいます。

 

あとは斜めにスイングプレーンにそって肩から腕を回し、クラブのヘッドをボールに当てるだけ。

 

これらを意識してスイングできればよい結果になるでしょう。

ご武運をお祈りします。

 

スイングのコックのみそ

スイングの考え方

 

ゴルフのスイングでのコックは太鼓がイメージ

 

太鼓でたたくときは・・・

もうお分かりですよね。

 

手首のスナップがないとうまく打てないでしょね。

それがゴルフのスイングでのコックと一緒なのです。

 

 

コックの正しい使い方

 

ゴルフのスイングでコックを全くしない、意識していないという人も多くいるでしょう。

 

腕⇒手首⇒クラブの角度が安定するのでコックをしなくてもボールを打てます。

確かに打てますけど、太鼓のことを考えてください。

 

あんまりよいショットを打てなそうですよね。

 

しかし、藤田プロなど多くのプロゴルファーもコックをしない方も多くいます。

安定した方向、軌道を求めたい方はコックをしないのもいいかもしれません。

 

しかし、コックをすれば飛距離が伸びるというメリットも捨てられません。

 

果たしてどうやったら、キチンとコックを生かせるのか気になりますよね。

 

 

コックの角度はどうすればいいのか?

 

スイングに悩み、コックがあるとどういった腕の動きをするのだろうか?

はたまた、クラブの軌道、フェイスの向きはと悩んでしまうと頭が痛くなります。

 

ここで正しいコックの角度をお教えします。

 

ズバリ、コックの角度はスイング軌道の延長上!!

簡単に言うと「斜め」なのです。

 

左腕と右腕で作った三角形を保ちながら肩ごと回して・・・

その角度です。

 

その傾いた体での角度でコックを仕掛けるのがちょうどいいのです。

 

コックというと手首の上下のイメージなのですが、

実際はスイングの軌道、あくまでスイングプレーンの延長上の角度なのです。

 

それもそのはず太鼓をイメージすると分かりますが、

ちゃんと目標のボールに向かってコックしなくてはスイングの軌道がおかしくなるのは明白ですよね。

 

頭では分かっているんだけど・・・。

多くの人がそう思うかもしれませんが、コックの角度は手首だけを意識するようにしましょう。

 

 

コックの解きかたのツボはスピード!

 

せっかくコックを覚えたのにアイアンではうまく打てるのに、ドライバーではスライスや右へのプッシュばかり・・・。

 

分かります。そんな多くの方が悩むコックについてヒントを教えましょう。

 

コックの肝は、コックをとく時のスピードがミソです!

 

ここで思考が「?」となるのは分かります。

 

では説明しましょう。

 

短い棒と長い棒を振り回すのに同じスピードで回転するとどうなるか?

 

はい、イメージできましたでしょうか?

つまり短いクラブの場合はゆっくり、ドライバーなどの長いクラブの場合は早く手首を回さないとフェースの向きが全然違ってきます。

 

コツとしては個人差があるので自分で調整していただきたいのですが、

 

・アイアンではゆっくりコックを戻す

・ドライバーで早くコックを戻す

 

特に私本人が感じるのはドライバーでヘッドを意識しながら、

ヘッドを大きい軌道で、かつ早くまわして行かないとフェースが返らないということ。

 

よく、ゴルフの雑誌にあるような「剣道で竹刀を使うように」などありますがw、

実際の剣道有段者の私としては笑ってしまい、かなり違います。

 

感覚としては、ヘッドを遠心力で高速に回しボールに当てるように!

です。

 

手首の上下のスナップを使いながら

ドライバーの場合は早めにスイング軌道上に振りながら、

アイアンの場合はちょっとゆっくりと軌道上に戻すという感じでしょうか?

 

いずれにしても、もうあなたの頭の中でなんとなくイメージできたかもしれませんね。

 

コックのミソを戻すときのスピード、タイミングということ。

あなたのスイングスピードに合ったコックの戻し方、そして正しい角度によってうまくコックを活用していきたいものですね。

 

 

 

 

体幹スイングの基本

 

私がまだゴルフを習いたてのときに上級者から習ったことがあります。

 

クラブ上げ方

 

スイングを始めるときはボールの延長線上にヘッドをなぞってクラブをあげること。

 

これが長年私を苦しめた原因となります。

 

この方法では必ず軸がずれてしまい、ボールを見ながら打とうとしてもトップやダフリがでます。

 

まずこのように体の軸からずらしながらの腕を動かすというのはダメと覚えてください。

 

ではここで疑問なのですが、どうしてこの打ち方でその上級者はうまく打てているのかを考えてみましたが、どう考えてもこのような結論でしかありません。

 

手打ちでフェースローテーションをうまくしていた。

 

長年の経験によるものでしょうが、その上級者といっても調子が悪いときはスコアは90近くまで落ちてしまいます。

 

これはダメはヤツだ。

 

私は、申し訳ないけどそう思っています。

ではどうすればいいのか考えている論理をここで解説してみることにします。

 

 

松山英樹さんから学ぶ体幹スイング

 

この動画の説明は芹沢プロ

 

動画自体はすばらしいものがありますが、申し訳ありませんが私には全然響かない説明のために、さらに私のイメージからの解説をさせて頂きます。

 

 

■私からの解説は次のとおり

 

1.スイングの始動は腰から上の上半身を竹とんぼのように回し、腕が先行して上に行きます。スイングの軌道はあくまで体の回転に沿った角度でないといけません。

 

腕だけを動かすのではなく、体全体で回ったときに腕とクラブで作った三角形自体を体の中心に合わせて回しながら振りかぶるべきなのです。

 

 

 

スイング回転

 

スイングプレーン

 

そうすると、先に紹介したボールの進行方向になぞった横のラインにクラブをあげるのでなく、斜めからボールに当たるようなイメージで振りかぶらなくてはいけないことが分かります。

 

 

2.腕とクラブの2段階の回転でスイングしています。

肩から拳までが1段階、そして手首からクラブの先端までが2段階目の動き

 

肩から拳までは体の体幹に沿って動きます。

 

上で説明しているように腕をずらすのではなく、体の上半身全体で回転させ、その方向ベクトルに腕を挙げ、コックも同様に同じ方向に回転させます。

 

ここで腕を勝手に動かすとプレーンスイングの軌道から外れます。

 

注意として、コックは上向きにあげるようなイメージですが、コックは斜め。回転方向に斜め右上のプレーンスイングの軌道上にコックするのです!

 

 

3.スイングの振り下ろしは腰がスイッチです。

 

 

腰を回し始めながら、次に肩を戻すような感覚で腕を回します。

 

 

このときには、クラブのヘッドを最大の円周を描くように回し、ヘッドをボールに当てるように手首を早く回転させながらヘッドが手首を追い越します。

 

このときの手首の動きは、ヘッドを回転させる動きでなくてはなりません。

 

手首を時計周りに回転させて、クラブヘッドのフェースを正しい角度で回転させならボールに当てなければなりません。

 

 

4.腰からお腹が前向きになる頃にインパクト

 

インパクトイメージ

 

腰が前を向くころには、スイングの方向は驚くほど開放的なスペースができます。

ここで、左足を軸にして体全体で回転、手首を回転させてヘッドを先行にするように右方向に回します。

 

フェースは回転しているので、自動的に閉じていきます。

 

スイング軌道

 

手振りスイングでも紹介していますが、腕の動きはボールまだ先行。

ヘッドは手首を追い越していきます。

 

そのため、手首のスイングはボール辺りで腕の動きを止めるような感触でヘッドを加速させるのです。

 

大切なことなのでもう一度書きます。

 

腕から手首まではインパクトの辺りでスイングストップ!

 

そうしてヘッドが回転しながら手首を追い越していかなければならないのです。

ゴルフのスイングは2種類ある?

ゴルフのスイングをするときにいつも同じ軌道のプレーンスイングをイメージしがちです。

 

しかし、コースに出るとどうしてもボールをコントロールしようと試行錯誤することが多く。

 

おそらく2種類のパターンの打ち方をしてしまうことが多くありませんか?

 

私はここで2とおりの打ち方を敢えてしています。

 

スイング軌道

 

1.体幹スイング

2.手振りスイング

 

 

ここで詳しく見てみましょう。

 

 

体幹スイングについて

 

体幹スイングとは普段に意識して練習するいわゆるプレーンスイングのことです。

 

プレーンスイングとは、体の中心をセンターにしながら右肩を後ろに下げてスイングを始動するものです。

 

初心者である私はよくあることなのですが、体の軸がぶれてしまい結局ボールにぶれて当たる、もしくはダフリやトップになってしまうことが多いこと。

 

これはもうみんなを悩ます大きな課題だと思っています。

 

いろいろな雑誌やレッスンでも言われているあのセリフがジャマしています。

 

「右足に重心を変えて回り、左足を軸に回る」

 

右足の上の腰に体重を乗せて、左側に移動すれば軸はぶれないということを説明していますが大嘘です。

 

実際に1cmでも軸がずれると、1cm以上ボールに当たる場所が変わるわけでコースにでれば練習場と違い傾斜がある場所では、さらにブレブレとなり球筋が不安定になることでしょう。

 

以上、体幹スイングについては他でまた説明しますが体の軸を中心にして打つということです。

 

 

手振りスイングについて

 

ここで手振りスイングの紹介、手打ちというのが嫌いなので手振りにしています。

 

手振りといえば、新潟のへぎそばが有名ですが(新潟のへぎそばはメチャ大好きです)、ここでは言葉どおりと思ってください。

 

手振りスイングを一言でいうと、ここでは直線で打つということをイメージしてみましょう。

 

 

 

通常のスイングは、フェース(ボールに当たる部分)を回転させながら当てていきます。

 

これは体の回転と腕のプレーンスイングでうまくタイミングを合わせていくことで実現するのですが、練習不足の初心者にはなかなか難しいわけです。

 

ここで、手振りスイングというのはつぎの3つがポイント

 

①手首をガッチリ固定すること

 

②重心は右足から左足にスライドすること

 

③腕は進行方向に対してまっすぐに振ること

 

コツとしては、ほんとうに体を回転させずに体の左右のスライドで打つということ。

 

つまり強制的にまっすぐ飛ぶように打つというものです。

 

多くの概念では、フェースの向きは常にボールを意識してコックをせずにスイングする必要があるなどと小難しいこともありますが、シンプルにボールがフェースに対してまっすぐ当たるようにすること。

 

ではどういうときにこの手振りスイングの打ち方をすればいいのか?

 

私の手振りスイングの使い道

 

①林に入ってしまい、木と木の間を確実に通してフェアェイに戻りたいとき

②グリーン手前の花道から7~9番アイアンで確実にグリーンに乗せたいとき

 

こんな打ち方が邪道なのかもしれませんが手振りスイングはいろいろと応用が効くのではないでしょうか?